中学受験でもっとも大切な月は夏休みでなく、実は9月!!

【スポンサードリンク】

受験業界のプロが実際に受験生と接して感じた、夏が終わる今こそ考えるべきこと、なすべきこと。

塾長01

夏を制するものは、受験を制する!というキャッチフレ-ズが示すように、夏はすごく大切であることは間違いありません。

ほとんどの子が、夏の最後の実力テストでは、成績を上げてきます。結果として、ほとんどの受験生が、志望校に対する判定を上げてくることになります。

そして、その成績をみて、安心してしまうのですね。

その後、成績が伸び悩んでしまう子は少なくありません。

なぜでしょう?

なぜ、成績が伸び悩むといった現状に陥るのでしょう。

いくつかのよくある2つケースをいくつか見てみましょう。

(1)A判定が出た子

A判定が出て満足する子。こういう子は、秋にスランプがやってくる可能性が高まります。

もうこれで、合格できると思ってしまうんですね。

このケースの場合、第1志望校のレベルを1つ上げることを提案するのも1つですが、塾に通っているお子様であれば塾の先生に相談して、中だるみにならないよう対策を講じてもらいましょう。

経験が長い先生ほど、その経験もあり、的確な対応をとってくれると思います。

(2)DやE判定が出た子

DやE判定で、志望校を変更してしまう子。志望校のランクを下げたから、もう大丈夫と、何を思ってか勝手に思ってしまう子です。

ランクを下げたからと言って、合格の保証はどこにもあるわけではありません。

志望校を下げさせることを止めるのが第1の手段となります。最後の最後まで、志望校を変えさせず、その学校も受験させることが得策です。

夏の最後の実力テストの結果の後の行動が、受験の結果に直結することが少ないのが興味深いところです。

その意味で9月は、もっとも大切な時期の1つです。

一方で、9月以降、爆発的に伸びてくる子もいます。

それは、BやC判定の子に多くみられます。

もう一息で合格という2文字が見えているからか、俄然やる気を出して頑張ってくれる子が多いです。

中でも、

  • 普段はA判定だった子がB判定になってしまった子
  • 判定が上がって、BやC判定になった子

です。教えているこちら側も熱が入ります。なにより、頑張っている姿に感動する覚えることも少なくありません。

私は、塾生たちに、よく言っています。

  • 8月は、頑張って当たり前。
  • 9月を、頑張って本物。
  • 数字として表れるのが12月。

それから、もう取り戻せないよって。

受験まで、月の半ばで100日を切ってくるのが9月です。

今一度、気合を入れ直していきたい月でもあります。

【スポンサードリンク】

まとめ。

季節の変わり目であります。

親ができることは、放任でなく、見守ること。

母親ができるのは、子が健康でいられるように食事に気をつかう。父親にできることは、仕事の愚痴を家庭で話さないこと。 そして、両親が仲良くしていることが大事ですね。

それから、塾の先生、そしてご両親も含めて6つの目で、子どもの少しの変化を見逃さないことです。

気付いてもらえている。見守ってもらえている。応援してもらえている。という実感が、子どもたちにとって、もっとも大切な時期です。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA