塾長が切る?中学受験大手塾レビュー、早稲田アカデミ-。

【スポンサードリンク】

中学受験のプロが語る。独断と偏見多めの、大手塾レビューその2。早稲田アカデミ-とはどんな塾?厳しい塾とのうわさもありますが。

塾長07

塾長です。おかげさまで多くの方にご覧頂いております大手塾レビューです(笑。

早速大手塾レビュー第2段、早稲田アカデミ-を取り上げましょう。

【スポンサードリンク】

一言でいえば講師の本気。早稲田アカデミ-

早稲田アカデミ-。Webサイトには

  • 私たちは学習することを通して、本気で物事に取り組み、他に頼ることなく自分でやり通すことのできる子を育てることを目標としています。

とあります。

難関校への合格者も多く、業界トップクラスといえるでしょう。

特徴

規律を重んじています。噂通り、お子様から見れば「厳しい塾」。

宿題も非常に多く、問題を多くこなすことで、考え方・解き方の定着を図ろうとする傾向がある、繰り返し学習重視型の学習塾といえます。

また、テキストは、四谷大塚の完成度の高い「予習シリーズ」を使用しながらも、早稲田アカデミー独自の「ダブルベーシック」も組み合わせて使用されています。

また、講師陣の「本気」が、生徒たちが自ら「本気」で学ぶこと姿勢を促していることも大きな特徴でしょう。

学力を伸ばすために最も重要なこと、

  • それはわかりやすい教材
  • わかりやすい授業

ではありません。

重要なことはそれらを越えたところにある、最も大切なことは主役である生徒が「本気でやる子」に変わることを根源にした塾です。

長所

繰り返し学習重視型の授業もさることながら、授業以外での「しつけ」にも力を入れている塾とも言えます。

  • 「本気でやる子」

を合言葉に、授業の受け方、ノートの取り方、元気なあいさつなど程よい緊張感と明るい雰囲気を作ろうとする姿勢が伝わるのが、早稲田アカデミーの長所でしょう。

やる気のある子にはこの雰囲気は極めてなじみがよいと私は思います。

クラス編成は、学力別少人数制授業ですから一人ひとりにしっかり対応した編成となっており、定期的に行われるクラス編成テストで、子どもたちが競い合い、刺激し合える仕組みとなっています。

【スポンサードリンク】

短所

20世紀型の昔ながらの典型的な進学塾とも言えます。

先生は厳しく、問題は大量に解く。

授業は、先生の威圧か威厳なのか静かであることが特徴。

今となっては、その雰囲気になじめないお子様も多くなっている感は否めませんが、それくらいの環境が必要だと考えるお子様や親御さんにとっては、短所どころか、長所になりますね。

向いている子、向いていない子

早稲田アカデミーに向いている子

厳しい環境の中で、勉強をさせたい親御さんにとっては、いい塾だと思います。

子ども自らが、自分は厳しい環境が向いていると言うのであれば、早稲田アカデミーは最適な塾であると言えます。

早稲田アカデミーに向いていない子

向いていない子は、その厳しさに向いていない子でしょう。

まとめ

学習する雰囲気は大事にしたいことの1つであります。

規律と厳しさの中で「本気でやる子」になっていきたいのなら、早稲田アカデミーは有力な選択肢と言えます。

今の学力にとらわれることなく入塾できるので、心配はご無用です。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA