親の視点。4年生、5年生の親が今、してあげられることは「わが子に最適な塾を一生懸命選ぶ」こと。

受験生の父親が語る、中学受験に取り組もうとする息子に親として、今すぐしてあげられること。それは今すぐ「子供に最適な塾を一生懸命選ぶ」こと。

父親01

パパです。

中学受験、それは子供が体験する人生最初にして最大のチャレンジです。どんなに応援しようとしても、代わりに勉強してあげることはできませんし、代わりに受験を受けてあげることもできません。

そんな親が今、してあげられること。それはなんでしょう?

 

塾を選ぶのは本当に難しい

わが子の中学受験を考えるとき。

どの中学校を受験させるかと同じくらい、いやそれ以上に差し迫った重大問題は、「どんな塾に通わせるか」。

中学受験生の親にとって、この悩みは大きいですよね。

  • 子供の成長にあったきめ細かい授業を受けさせたい。
  • 子供の疑問、弱点に対して丁寧な指導を期待したい。

まず、お父さん、お母さんが考えるのは有名総合学習塾。我が家もそうでした。

でも、総合進学塾の集団授業でついていけなかったらどうしよう?中学受験のチャンスは子供の人生でたった一度、最初で最後。

中学校は複数受験することももちろんできますし(たいていそうしますよね)、じっくりと時間をかけて選べばよいのです。

塾の選択はそうではありません。

当然、塾に通い始めるタイミングは(中学受験を決断したのであれば)早いに越したことはありません。しかし塾の選択を誤れば、その塾に通って無駄にした時間は二度と戻りませんし、そして二度と中学受験する機会はありません。

塾選びは、中学校選び以上に時間がなく、やり直しがきかず、シビアで難しい・・・そう感じました。

家内が個別指導、マンツーマン指導に目を付けた

うちの子の性格は興味があればすごい集中力を発揮しますがはっきり言えば飽きっぽく、ムラのある子でした。まあ、この年頃の男の子であればよくいるタイプ、だと思います。

ですから学校の成績も社会と算数は得意なものの理科は人並み、国語は・・・という感じ。

そう、子供は個性があって得意な科目、単元、不得意な科目、単元も様々なんです。

中学受験という難物にチャレンジするうえで、高度な授業が評判とはいえ、集団学習があの子にあっているのか・・・可能ならば子供に合わせた指導が必要なのではないか、と考えました。

ネットでよく見る「中学受験に塾はいらない」という言葉に目を引かれたものの、一人で学習を続けられるものだろうか。家には友達がしょっちゅう遊びに誘いに来ます。やはり、「受験仲間」がいない状態で勉強させるもの辛いだろう。

こんな状態で家内とも相談し、目を付けたのが「個別指導、マンツーマン指導」でした。

中学受験専門 個別指導ドクターってどんな塾?

インターネットで見つけた個別指導塾、それは「中学受験専門 個別指導ドクター」です。

中学受験専門の個別指導を行っている「中学受験専門 個別指導ドクター」は1998年の創業から28年の歴史を持ち、およそ5,000名近い講師を擁する「中学受験のプロフェッショナル集団」とのこと。

開成中、桜蔭中、麻布中といったいわゆる「超難関校」をはじめとした申し分のない合格実績を誇ります。

ちなみに2015年度の合格実績は以下の通りです。

開成中:5名
桜蔭中:3名
麻布中:8名
武蔵中:3名
駒場東邦中:5名
女子学院中:3名
雙葉中:1名
慶應義塾中等部:6名
慶應義塾湘南藤沢中:5名
慶應義塾普通部:1名
早稲田中:2名
早稲田実業中:1名
早稲田大学高等学院中等部:3名
栄光学園中:2名
聖光学院中:5名
渋谷教育学園渋谷中:4名
渋谷教育学園幕張中:11名
海城中:5名
豊島岡女子学園中:4名
東洋英和女学院中:2名
芝中:2名
学習院女子中:1名
学習院中等科:5名
浦和明の星女子中:8名
鴎友学園女子中:6名
青山学院中等部:1名
明治大学付属明治中:4名
桐朋中:3名
攻玉社中:5名
浅野中:2名
吉祥女子中:7名
浦和実業学園中:2名
桜美林中:1名
東京学芸大学附属竹早中:2名
東京学芸大学附属国際中:1名
公文国際学園中:2名
恵泉女学園中:3名
光塩女子学院中:2名
国府台女子学院中:2名
埼玉栄中:6名
埼玉栄中(難関大クラス):5名
品川女子学院中:1名
巣鴨中:6名
成城中:3名
成城学園中:2名
世田谷学園中:7名
洗足学園中:3名
神戸女学院中:1名
専修大学松戸中:7名
田園調布学園中:2名
東京女学館中:2名
広尾学園中:6名
普連土学園中:2名
本郷中:3名
明治学院中:2名
明治大学付属中野中:1名
明治大学付属中野八王子中:1名
立教女学院中:4名
淑徳中:1名
栄東中(東大選抜クラス):23名
海陽中等教育学校:4名
開智中:4名
関東学院中:1名
共立女子中:6名
桐蔭学園中:4名
江戸川学園取手中:1名
高輪中:3名
佐久長聖中:2名
埼玉平成中:1名
カリタス女子中:2名
市川中:7名
実践女子学園中:2名
秀光中:9名
淑徳与野中:1名
女子聖学院中:1名
昭和学院秀英中:4名
昭和女子大学附属昭和中:4名
城北中:8名
城北埼玉中:4名
常総学院中:1名
成蹊中:1名
西大和学園中:1名
西武学園文理中:6名
青稜中:1名
捜真女学校中:1名
早稲田佐賀中:2名
早稲田摂陵中学校:1名
大宮開成中:2名
大妻中:3名
大妻嵐山中:2名
大妻中野中:5名
中央大学横浜山手中:4名
長崎日本大学中:6名
東京電機大学中:1名
土佐塾中:4名
東海大学付属浦安高等学校中等部:2名
東京都市大学付属中:7名
東京都市大等々力中:3名
東邦大学付属東邦中:8名
函館ラサール中:3名
函館白百合学園中:4名
八雲学園中:1名
宝仙学園中学共学部理数インター:2名
開智先端中:2名
神奈川大学付属中:4名
立教新座中:8名
和洋国府台女子中:5名
獨協中:2名
獨協埼玉中:6名
山脇学園中:2名
玉川学園中:1名
三輪田学園中:1名
山手学院中:2名
大妻多摩中:3名
学習院中等科(帰国):1名
宮崎日本大学中:1名
愛光中:2名
大宮開成中(英数特科クラス):2名
東京女子学園中:1名
栄東中(東大選抜特待):6名
栄東中(難関):36名
多摩大目黒中:1名
札幌聖心女子学院中:2名
城北埼玉中(特待選抜):3名
富士見丘学園中:1名
跡見学園女子中:1名
不二聖心女子学院中:1名
麹町女子中:1名
芝浦工大柏中:1名
日本大学中:2名
横浜女学院中:2名
国学院久我山中:4名
頌栄女子学院中:4名
東京農大一中:2名
立教池袋中:1名
日本大学豊山中:2名
フェリス女学院:1名
逗子開成中:3名
暁星中:4名
法政大学中:1名
中央大学附属中学:4名
北嶺中:1名
神戸女学院中:1名
晃華学園中:2名
目黒星美学園中:1名
国立音大附属中:1名
香蘭女学校中:2名
鎌倉学園中:3名
日本女子大付属中:1名
聖学院中学:1名
富士見中学:1名
横浜英和学院中:1名
佐野日本大学中等教育学校(特待):1名
東京都市大学付属中Ⅰ類(帰国):1名
共立女子中(帰国):1名
聖光学院中(帰国):1名
開智日本橋学園中学校(帰国):1名
洗足学園中(帰国):1名
桐朋女子中:1名
浦和実業学園中学校(特待):1名
佐野日本大学中等教育学校:1名
逗子開成中(帰国):1名
昌平中学(特待):1名
埼玉平成中(特待):1名
開智未来中学:1名
東京都市大等々力中(帰国):2名
麗澤中:2名
日本大学第三中:1名
広尾学園中インターナショナルクラス:1名
順天中学:2名
三田国際学園中:1名
広尾学園中医進サイエンス:1名
国学院久我山中ST:1名

この実績に圧倒されてしまいました。

これならうちの子も・・・と下心(笑)。

子供に合わせてくれる。タイムリーに相談に乗ってもらえる。意欲を引き出してくれる。

集団授業と異なり、子供の得意・不得意・興味に合わせてカリキュラムを組んでくれるのは個別指導の大きなメリットです。

子供自身に明確な「受験への意欲」があればいいのですが、自分が明確な目的意識を持っているわけでもなく(正直、中学受験は私が勧めてそれに無邪気にしたがっている・・・悪く言えば洗脳したようなものかもしれません)、9歳の子供ではやはり「言われたからやっている」「親が喜ぶからやっている」程度の意欲しかありません。

本人の意思が明確であれば、単に「高度な授業」を受けさえすればそれをどん欲に吸収するのかもしれませんが、「子供任せ」の通塾では効率も上がらないでしょうし「だらだら通塾」になってしまうでは・・・。

  • 「まず勉強机に向かわせる」
  • 「何をどうやればいいのか」
  • 「勉強の面白さ」

を講師の方が子供一人ひとりに合わせてが教えてくれることが必要で、これこそが集団授業では得られない大きなメリットとなります。

1人1人の真横に座って、1人1人の状況を観察し、なかなか勉強に向かおうとしない子供を誘導してあげるこ と。

これは集団授業では難しいと思います。体験授業をいくつか受けましたが、やはりその印象はぬぐえませんでした。積極的に先生に質問するような子であればよかったのですが・・・(苦笑

子供の学習意欲にはムラがありますよね。

成績が少しでも上がって嬉しい、と思ってくれれば素晴らしい集中力をみせますし、気まぐれにスランプに陥ることもあります。そんな時、子供の気持ちにあった授業は集団授業では難しいのです。

経験豊富な講師に、わが子の顔が見える、気持ちがわかる状態で授業をしてほしい。

  • 子供の疑問、質問にタイムリーに答えてほしい。
  • 子供の表現しきれない「わからない」を一緒に悩んで、考えてくれる。

「中学受験専門 個別指導ドクター」なら1人ひとりに合わせた「オーダーメイド」のカリキュラムを作ってくれます。

また、講師の方も有名塾からヘッドハンティングして集めているとのこと、豊富な経験と実績を持つ講師が指導してくれるということでこれは素直にすごいなあ、と思いました(【中学受験専門】プロ家庭教師の中学受験家庭教師ドクターのWebサイトはすごい情報量です)。

デメリットも当然、あります。

やはり高いです。

まあこれだけの講師を集め、そんな講師の方が1名、2名程度の生徒を相手に対面授業をしてくれるのですから人件費を考えたらやむを得ないでしょう・・・。

実際のところ総合学習塾でも夏期講習、冬期講習その他講習に参加すれば1か月10万円を超える費用が掛かりますから(かなり調べました)、質を考えたら「安かろう悪かろう」ではなく、「よかろう高かろう」になるのは仕方のないことかなと思います。

ただ、私のお小遣いを超える費用ですから、いかにそれが最愛の子供のための投資(あまり良い言い方ではありませんがこれは子供に対する投資と愛情だと思います)とはいえ、実際にどんな授業をしてくれるのかを詳しく知らなければ決断はできません。

幸いに中学受験専門 個別指導ドクターさんは体験授業があってしかも無料です。

入塾を検討するための相談(もちろん料金についても!)にも無料で乗ってくれるので、まずはこれに申し込むとよいかと思います。

こんな方にお勧め

ただ残念なことに教室が関東近辺に限られています。

東京(代々木・自由が丘・吉祥寺・東京・成城学園・白金高輪)・神奈川(横浜・たまプラーザ)に9教室があります。新しい教室も増えるそうです。ですから、

  • 個別指導ドクターさんの教室が通える範囲にあって
  • ウチのように個性的なお子さん(笑)をお持ちのお父さん、お母さん
  • 総合学習塾に通ってみたけど成績が上がらなかった、子供がやる気にならなかった、志望校判定テストの結果が思わしくない、そんな経験をお持ちのお持ちのお父さん、お母さん

「中学受験専門 個別指導ドクター」さんは決して有名校を目指す子供だけのための塾ではありません。

もし、通えそうなところにお住まいであれば、ぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

子供に最適な塾を「一生懸命」選ぶのは、親が子供にしてあげられる最大の支援です。

中学受験は小学6年生の3学期、と決まっています。

志望中学校はある意味、願書受付までにじっくりと考えればいいのです。近所に私立中学生がいればお話を聞いてみたり、親子で学校説明会に行ってみたり、文化祭をのぞいてみたり・・・。

でも、塾選びは早いに越したことはありません。中学受験を決意したならば、早くて早すぎる、ということはないのです。

まだ子供は小さく、親がきちんと教え、導いてあげることが必要です。

すぐ資料を取り寄せて(必ずといっていいくらい無料です)、できるならば体験授業を受けさせて(これもほとんどの場合無料です)あげてください。親であるあなたが「塾選び」を一生懸命やってあげてください。めんどがらず、そのための努力をしてあげてください。

これは学校の先生にできることではなく、子供に対して親がしてあげられる「中学受験のための最大の応援」だと思います。

ぜひ「中学受験専門 個別指導ドクター」のサイトを覗いて、詳しく読んで、資料を取り寄せてみてください。

同じ中学受験に取り組む子供を持つ親として、お子様、そしてお父様、お母様のご健闘、そして合格をお祈り致します。

同じテーマを「中学受験業界のプロ」が語りました。

ぜひ、「プロの視点。スタイル別学習塾の強みと弱み、そしてお子さまにあった塾の選び方。」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA