親の視点。男の子と女の子、勉強の取り組み方に違いはあるのか。

【スポンサードリンク】

中学受験合格者の親が振り返る、勉強の取り組み方における男女の違い

母親02

脳の発達には男女の差があると言われています。その真偽はともかく、ここでは、男女別に、適した取り組み方について、お伝えしていきましょう。

私には男の子、女の子の子どもが一人ずつおりまして、両方とも中学受験に挑戦、無事合格することができました。

事例としてお伝えするには一般的というよりもあくまでも「我が家の例」という域をでるものではありませんが、なにかお読みになっているお父様、お母様にひとつでもヒントになることがあればと思い記事を書く次第です。

女の子の場合。

まず女子は精神的に早熟で、現実的なところがあります。

また、コミュニケーション能力に長けているため、大人の言わんとすることを正確に捉えることができるようです。 男子よりも真面目にコツコツ励みますので、勉強に向いている・・・という印象を受けました。

これらを踏まえて、女子には頑張れば手が届きそうな目標を設定してあげるとよいようです。これは、我が子の通う女子校の校長先生も実践しておられると聞きました。

例えば。

塾に行き始めて、テストを受けるようになったら、そのテストごとに小さな目標を設定するのはどうでしょうか。その目標を達成するために、努力をし、上のステップに上がっていくことにやりがいを見出すことができるのが、女子の特徴だからです。

ここでやってはいけないのが、順位や偏差値を目標にすること

順位は問題の難易度、周囲の状況によって変化するため、子どもにとっては漠然としか感じられません。

実は、我が家ではこの「偏差値を目標にする」ということをやってしまっていたのですが、いい成果は得られませんでした。 何を頑張れば偏差値が上がるなどということは大人にもわかりませんから(わかっていればこんなに悩みませんよね・・・)、小学生の子どもが目標にできるはずはありませんね。

  • 次のテストでは漢字を満点にする
  • 算数の基礎問題をできるようにする

のように、努力で達成でき、結果が子どもにもわかりやすいものにすると、取り組みやすいと思います。

男の子の場合。

一方、男子はどうでしょうか。

男子は、女子よりも幼い(共感して頂ける親御さんも多いと思います)ので、物事に対して真面目に取り組むことが苦手な子が多いですね。

たとえば、算数で、基礎問題を長い時間徹底してやるといった授業を行うと、すぐに飽きてやる気もなくしてしまいます

しかし、男子には興味を持つと没頭するという大きな特徴があります。たとえば、誰もがやるゲームでも、時間を忘れるほど夢中になるのは、女子よりも男子のほうが多いようです。

これは大きな強みです。

算数の勉強でも、基礎問題でやり方がわかるようになり、少し興味を持てたところで、難しい応用問題に挑戦させるといったやり方をすると、 ゲーム感覚で楽しむことができるようです。

そして男子は「暗記」という行為が苦手です。

理科・社会ではこれが非常に不利になるため、とにかく早いうちから興味を持たせることに徹底する必要があります。

図鑑を与えたり、博物館に連れて行き、目、耳、体で体験させるのが有効です。

そこで興味をもってくれたらしめたもの。本を置いて置けば勝手に読むようになるでしょう。

興味が湧く順番は、必ずしもテストと同じにはなりませんから、すぐに結果が出るとは限りません。 しかし、本に載っていることはぐんぐん吸収していきますので、一回一回のテストの点数に一喜一憂せず、そのまましばらく見守りましょう。

この、理科・社会に関して、女子には苦手意識がある子が多いようです。 それはやはり真面目に「暗記」をしようとするからではないでしょうか。

何も知識がないうえに、本とにらめっこして暗記をするというのは、どんなに脳が柔らかい子どもであっても苦痛なはずです。

なるべく早いうちから、生物や歴史に関する文学や映像に触れておくと、後々の暗記の手助けになります。 これは、男子と同様、図鑑を読ませたり、博物館に連れて行くのがおススメです。

【スポンサードリンク】

まとめ。

普段の子どもたちは、特に性別に関係なく、塾のカリキュラムをこなしています。

そしてもちろん、男の子だから、女の子だからといってどちらが優れいているということもでありません。

たた、男の子、女の子の個性、特性の違いに気づいてあげたうえでの家庭でのちょっとした声がけ

  • やる気が出る
  • 楽しくなる

など、気持ちをいい方向に持っていくことができるはずです。

もしも、お子さんが行き詰っているように感じたら、ぜひここでお伝えしたことを思い出し、視点を変えてみることをおススメします。

この記事が、中学受験生を持つ親御さんのお役にたてるとうれしいです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA