プロの視点。子供を誉めるのは難しい?子どものモチベーションを上げる秘訣は「誉めるのタイミング」。

受験業界のプロが多くの子どもと接してきたその経験から語る、子どもを誉めるたった1つのタイミングとは。モチベーションアップ効果はテキメン。

塾長05

お子様を誉めてあげたい。

ほとんどのお父様、お母様はそう考えていらっしゃるはずです。しかし塾通いと中学受験は長いチャレンジ。なかなかうまくいくことばかりではありません。お子様のモチベーションも下がってしまう、そんなときこそ「お父様、お母様がお子様を誉めてあげるべき」です。

とはいえ、誉めるといっても・・・どんなときに誉めればよいか、簡単なようで難しい問題です。

しかし、答えはたった1つ。それも簡単なことです。

誉めるタイミングは、ズバリ・・・ 続きを読む プロの視点。子供を誉めるのは難しい?子どものモチベーションを上げる秘訣は「誉めるのタイミング」。

プロの視点。家庭でもできる勉強法を科目別にご紹介。全てを塾に頼る、それもまた最適解にあらず。

受験業界のプロが語る、塾の効果を最大限に生かす家庭でもできる教科別勉強法。

塾長01

全てを塾に頼る・・・のではなく、家庭でも出来ることやる、それがさらに塾の効果を最大限に発揮します。

また、保護者も子どもの勉強に一緒に参加することで、家族のいい思い出を作ったり、絆を深めていくことも可能です。

それでは、それぞれの教科について、家庭でもできる教科別の勉強をご紹介しましょう。 続きを読む プロの視点。家庭でもできる勉強法を科目別にご紹介。全てを塾に頼る、それもまた最適解にあらず。

塾長の視点。塾を変わる決断をするタイミングは「半年後」。

受験業界のプロが事例から語る、転塾を決断すべきタイミング。状況によっては転塾の決断も必要。

塾長05

転塾。

様々なご判断から選択された、学習塾。そのまま成績が首尾よく上がれば問題はありませんが、残念ながら親御さんの意向にあわず、悩まれることも確かにあります。

ない方がいいことには間違いないのですが、転塾という選択を決断が、お子様にとってよいときがあるのも事実です。

そんな「選択」が必要なときを、私の経験からいくつかご説明しましょう。 続きを読む 塾長の視点。塾を変わる決断をするタイミングは「半年後」。

親の視点。「塾いらず」は親のエゴ?。「塾を使わない」は子供に不利な戦いを強いるというコト。

中学受験希望者の親がその実体験から語る、「塾を使わない受験」の真相とは。

母親04

こんにちは、ママです。あくまでも、私の実体験としての、個人的意見としてご覧ください。

「塾いらず」。

中学受験に悩む親にとって、こんな魅力的な言葉はないでしょう。

ちょっとした進学塾へ行けば、普通に毎月5万円から6万円くらいは掛かります。夏期講習や冬期講習などがあればさらに数万円の出費。旦那のお小遣いよりもはるかに大きい金額(笑)が掛かるのは、通塾のシビアな現実です。

兎に角、塾はお金が掛かるのです。

もし、この出費が無かったら。あるいは、少なかったら。

多くのお父様、お母様がそう考えるのは不思議ではありません。しかし、我が家は通塾を選択し、そして我が子が中学受験に成功した今、その選択は100%正しかったと確信しています。 続きを読む 親の視点。「塾いらず」は親のエゴ?。「塾を使わない」は子供に不利な戦いを強いるというコト。

親の視点。「小学校の個人面談」と「塾の個人面談」。たった3つの、でも大きな違い。

中学受験希望者の親が語る、小学校と塾の個人面談の違いとは。

母親01

夏休みを目前に控えた7月初旬、一学期の総まとめとして個人面談を実施する小学校や塾も多いですよね。

ちなみに我が家もそうでした。

小学校と塾、どちらの面談も、客観的な目から見た子供の長所、短所について知ることができる貴重な機会という点で一致していますが、中学受験に対する効果という観点で見ると、かなり大きな違いがあるのです。

そこで今回は、実際に学校と塾の個人面談を続けざまに受けた体験から、双方の違いについて気が付いた点を述べてみたいと思います。 続きを読む 親の視点。「小学校の個人面談」と「塾の個人面談」。たった3つの、でも大きな違い。

プロの視点。志望校判定テストの結果が悪かったら。

受験業界のプロがなんどもアドバイスしてきた、志望校判定テストが悪かった場合の振舞い方、考え方。受けて終わり、ではないのが志望校判定テスト。

塾長03

前回、「志望校判定テストの徹底活用方法」をご説明させて頂きました。

「受けて終わり、ではないのが志望校判定テスト」である、とお話いたしましたが、それはもちろん、判定結果が悪かった場合でも言えることです。

否、判定結果が悪かったときにこそ、それを糧とすべき効果的な方策を採るべきです。

私の塾長としての過去の経験から、この「効果的な方策」をご紹介致しましょう。 続きを読む プロの視点。志望校判定テストの結果が悪かったら。

プロの視点。塾の徹底活用法その1。なぜか誰もしない、志望校判定テストの効果的な生かし方5つ。

受験業界のプロが数多くの経験事例から語る、志望校判定テストの効果的な生かし方。どうせ受けるなら利用しつくしてこそ。

塾長07

志望校判定テスト。

結果だけを一喜一憂をして、それだけで終わってしまう子どもや親御さんが多いです。実にもったいない話です。

学習塾側も、やり直しが大事だと認識しつつも、それをせずに次のカリキュラムへ進んでしまうことが多いのもまた現状です。志望校判定テストは受けて、出た結果を見てそれですべて、という状況が多く嘆かわしいことです。

それではもったいないのです。せっかく受けた志望校判定テストですから、受けたコストの分以上、しゃぶりつくして利用しつくしましょう。 続きを読む プロの視点。塾の徹底活用法その1。なぜか誰もしない、志望校判定テストの効果的な生かし方5つ。

プロの視点。最近ネットで注目を集めている「個人指導塾」。その特徴と選び方のポイント3つ。

受験業界のプロが自身のキャリアから語る、「個人指導塾」のウラ側。

塾長07

まず、個人指導塾の定義の説明しましょう。

大手学習塾を退職されて、または、異業種から独立した個人の方が経営、指導する学習塾のことを「個人指導塾」と定義します。

普通、学習塾で独立される方は、明光義塾やスク-ルIE、ITTO、城南コベッツなどフランチャイズを使用する方が多いのが現状です。しかし、あえてそういう看板ブランドを使わず、「個人指導塾」で独立する方の学習塾には、

  • しっかりとしたポリシーがあり
  • 指導に信頼がある塾が存在する

のも事実です。

つまり、良質な「個人指導塾」を上手に選択できれば、極めて高い効果、すなわち「飛躍的なお子様の学力向上」を実現できる可能性があります。

では、「良質な個人指導塾」を選ぶポイントを3つ、ご紹介しましょう。 続きを読む プロの視点。最近ネットで注目を集めている「個人指導塾」。その特徴と選び方のポイント3つ。

プロの視点。必ず陥るお子様のスランプ。2つのシグナルと5つの克服法。

受験業界のプロが豊富な経験則から語る、子どもがスランプに陥る危険シグナル、そしてスランプに陥ったときの克服法。

塾長03

前提として、中学受験勉強におけるお子様のスランプは必然、中学受験では「つきもの」だということを認識しておかなければなりません。

スランプがあるということは、勉強をちゃんとしている証拠でもあります。

勉強をしていないとスランプすら存在しないわけですから。

そしてはそれはスポーツと一緒で、そのスランプを乗り越えた先には、飛躍的な成績の伸びがあることが多いということも確かな経験則であります。

今回は、そのスランプに陥るシグナルとスランプに陥ってしまったときの克服法を記述してみたいと思います。 続きを読む プロの視点。必ず陥るお子様のスランプ。2つのシグナルと5つの克服法。