プロの視点。中学受験生のしつけ。実は、学力向上としつけは切ってもきれない。

受験業界のプロがあえて伝えたい。受験勉強においてもっとも大切で、受験勉強よりも大切なこと。

塾長07

子育てだけでも大変なのに、それに加えて中学受験もさせるご家庭。

たいへんですよね。ただでさえ成長期の多感な年頃ですし。でも、だからこそこの時期の家庭でのしつけは、これから先の学力向上に大きく影響を与えてしまうのです。

どこまで親が関与すべきなのか。積極的に関与すべきなのか、ある程度は子どもに任せてもいいのか。

難しいところですが、総じて、過保護すぎる親が増えているというのが塾経営者の私の実感値です。

過保護すぎて、しつけがしつけになっていないのです。 続きを読む プロの視点。中学受験生のしつけ。実は、学力向上としつけは切ってもきれない。

小学6年生。受験まであと120日、心がけておきたいこと。

中学受験のプロが語る。あと、受験まで120日間。小学6年生が、その親御さんが今、そのときに意識しておきたいこと、2つのパターンに分けて。

塾長02

受験まであと120日余りとなりました。

これからは、1日1日が大切となってくる時期に差しかかります。特に9月は、私の塾経営者としての経験則からいっても最も大切な時期となりますので、9月の取り組みについては別途記述させて頂いています。

リンク:中学受験でも、もっとも大切な月は、夏休みでなく、実は、9月?!

いうまでもなく、受験まで残り120日はあっという間です。 続きを読む 小学6年生。受験まであと120日、心がけておきたいこと。

小学5年生。夏休みが終わり、受験まであと1年半。今から意識しておきたい3つのコト。

中学受験のプロが語る。夏休みが終わった今、小学5年生が、その親御さんが意識しておきたい3つのこと。

塾長02

お子さんが、小5年生の間は、受験を意識しつつも、親の方が、1にも2にも、受験と頭の中が受験!となってはいけません。

塾以外の習い事も続けていいですし、学校や地域の行事にも積極的に参加させたいものです。勉強漬けになればいい、ということでは決して無いのです。

もっと言えば、小6になって、受験生になったからといって、何か特別な環境を用意しなければいけないかというそうではりません。お手伝いや習い事は、続けてさせたいものです。

小5のこの時期から、意識していきたことは、特に3つです。 続きを読む 小学5年生。夏休みが終わり、受験まであと1年半。今から意識しておきたい3つのコト。

中学受験でもっとも大切な月は夏休みでなく、実は9月!!

受験業界のプロが実際に受験生と接して感じた、夏が終わる今こそ考えるべきこと、なすべきこと。

塾長01

夏を制するものは、受験を制する!というキャッチフレ-ズが示すように、夏はすごく大切であることは間違いありません。

ほとんどの子が、夏の最後の実力テストでは、成績を上げてきます。結果として、ほとんどの受験生が、志望校に対する判定を上げてくることになります。

そして、その成績をみて、安心してしまうのですね。

その後、成績が伸び悩んでしまう子は少なくありません。

なぜでしょう? 続きを読む 中学受験でもっとも大切な月は夏休みでなく、実は9月!!

夏休みはどう過ごしましたか?あと1週間でできること、すべきこと。

プロの視点。学力アップの決意と共に迎えた夏休みも、気づいたらあとわずか1週間。まだ間に合う、今からできることとは?

塾長07

受験生にとっては、夏休みも残すところ1週間となりました。あっという間の夏休みだったと思います。

計画通りに進まなかったという人も、計画通りいって、早く夏休みのまとめのテスト(志望校判定テスト)を受けたいと思っている人も、残りの1週間でできることも、まだまだあります。 続きを読む 夏休みはどう過ごしましたか?あと1週間でできること、すべきこと。

プロの視点。挑戦しているのは子供だけじゃない。中学受験生を持つ親の2つの心構え

受験業界のプロが多くの受験生のお父様、お母様と触れ合った経験から語る、中学受験生を持つ親の2つの心構え。

塾長07

中学受験。

それは、小学生のお子様にとって大きなチャレンジです。恐らく、これほどのチャレンジはお子様の人生においても初めてのことでしょう。期待と、好奇心と、そして不安に対して彼らは果敢に挑戦しています。

そして、それら期待と不安を感じるのは親ももちろん同じです。

中学受験という大きな目標にチャレンジする親として、いくつか持っておくべき心構えがあります。今日はそれをお話しましょう。

続きを読む プロの視点。挑戦しているのは子供だけじゃない。中学受験生を持つ親の2つの心構え

プロの視点。家庭教師を選択肢に入れてみる。選択のポイントとメリット・デメリット。

受験業界のプロがその豊富なキャリアから語る、「家庭教師」を選ぶ2つのポイント、そしてメリットとデメリット。

塾長02

今まで中学受験へ挑戦するにあたり、学習塾をお勧めしてきました。そのメリット・デメリットはご理解頂けたと思います。

しかし、どの地域にも信頼できる学習塾があるというわけではありません。通ってはみたがどうにも成績が上がらない(プロの視点。塾を変わる決断をするタイミングは「半年後」。をご覧ください)場合や、そもそも通える範囲に評判のよい塾が無い場合、など。

そんなときには、ぜひ家庭教師も選択肢に入れてみてください。

ただし、塾と同じように、家庭教師を選ぶにもまた、ポイントがいくつかあります。今日はそのあたりをご紹介しましょう。 続きを読む プロの視点。家庭教師を選択肢に入れてみる。選択のポイントとメリット・デメリット。