親の視点。中学受験を通じて息子に伝えたい本当のコト。

受験生の父親が語る、受験という難物を通して息子に伝えたい本当のコトとは。それは受験だけの話ではなく、人生そのものの話。

父親01

お子様に中学受験を受けさせてみよう、と思われたのはお子様が何年生のときでしょうか。それは決して本人の意思ではなかったケースがほとんどなのではと思います。

我が家の場合は3年生も終わろうかという春先のことでした。

まだ素直なわが子ですから(笑)、勉強がんばろう!の親の一言で、素直に塾に通い始めたことを思い出します。思えば、親が喜べば自分も嬉しい、そんな単純な動機だったのでしょう。

ただこの頃から、私はいつか彼に伝えなければならないであろうことをずっと心に秘めてきました。 続きを読む 親の視点。中学受験を通じて息子に伝えたい本当のコト。