塾長 のすべての投稿

親の視点。私立中学と公立中学の違い。

中学受験合格者の親の視点で語る、公立中学と私立中学の違いとは。

母親01

お子さんが赤ちゃんのころから、「中学は受験して私立に!」と決めている方もいるとは思いますが、我が家では、そのようなことは全く考えていませんでした。

しかし、住んでいるマンションの近くに、中高一貫の男子校があり、とてもいい印象があったため、漠然と、「うちの子も大きくなったら、あのお兄さんのようになったらいいなぁ」と考えた程度です。

公立中学校へ進ませることに不安を覚えたのは、息子が小学校2年生になったときでした。小さいころから遊んでくれたお兄さんが、公立の中学校に入った途端服装が乱れ始め・・・ 続きを読む 親の視点。私立中学と公立中学の違い。

塾長の視点。公立中学と私立中学の決定的な違い。

受験業界のプロが語る、公立中学と私立中学の決定的な違いとは。

塾長01

一般的に言われている違い。

最初に、一般的に言われている違いをまとめてみます。

一般的な公立中学と私立中学の違いは、

  • 教育理念の有/無
  • 費用が高い/安い
  • 環境が良い/悪い
  • 方針が独自/全国共通
  • 施設が充実しているか/していない
  • カリキュラムが、受験型/標準型
  • 大学合格実績がいい/そうでない

と言われます。これらについて、もうすこし詳しく記述します。 続きを読む 塾長の視点。公立中学と私立中学の決定的な違い。

プロの視点。学習塾に通い始める3つのタイミングと、通い始める前にしておくべきコト。

 受験業界のプロが解説する、通塾を始める最適なタイミング。

塾長07

コメント欄からご質問を頂きました。

中学受験へ挑戦にするにあたり、子供を塾に通わせるタイミングがありましたら教えてほしい。

何事も最初が肝心で、お子様が学習塾に対して「積極的に」「自発的に」通うようになるためには、通塾開始のタイミングは重要と言えるでしょう。

ここでは、私の塾経営における経験則から3つのケースをご紹介します。

続きを読む プロの視点。学習塾に通い始める3つのタイミングと、通い始める前にしておくべきコト。

塾長の視点。受験中学に向いている子とそうでない子の違い。

受験業界のプロが語る、受験中学に向いている子とそうでない子の違い。

塾長02

厳しいことですが、やはりお子様によっては「中学受験に向いている子」「向いていない子」が存在します。

まず、一般的に言われる私立受験中学に向いている子とそうでない子の違いにフォーカスしてみたいと思います。
続きを読む 塾長の視点。受験中学に向いている子とそうでない子の違い。

プロの視点。大事な親の課題。お母さんが脱却しなければならない病とは?

中学受験のプロが語る。親も克服しなければならない課題があります。脱却しなければらない「~ねばらなない病」。

塾長04

塾長です。

年が明け、この春に6年生になるお子さんは、「受験生の年になったことだし、中学受験を頑張るぞ!」と決意して、頑張りだす時期かもしれません。

お子さん自身は、お子さん自身のペースで成長していこうとしてにも関わらず、お母さんは、それとは裏腹に、お子様が頑張ると決意したと同時期に、病にかかってしまうことが本当に多いのです。

その病名は。

続きを読む プロの視点。大事な親の課題。お母さんが脱却しなければならない病とは?

やっぱりあった、合格する子の共通点。多くの子供たちの受験を支えてきた塾長の経験から・・・

中学受験のプロが語る。長いキャリアを持つ塾長が指摘する、中学受験に合格する子供たちの共通点とは。

塾長05

塾長です。今回は、合格する共通点について、書いてみたいと思います。

これまで、指導した生徒たちの中で合格した人とそうでなかった人を比較、思い出しながら、まとめてみました。

思い起こせばみな個性のある子供たち、いろんな子がいました。それでもやはり中学受験に合格する子には、共通する点があると私は思います。
続きを読む やっぱりあった、合格する子の共通点。多くの子供たちの受験を支えてきた塾長の経験から・・・

来たる中学受験本番。入試直前は学校を休ませて自宅で勉強するべき?

中学受験のプロが語る。多くの受験生を見守ってきた塾長が語る、入試直前は学校を休ませて自宅で勉強するべきか否か?

塾長05

塾長です。今回は入試直前の登校について書いてみたいと思います。 続きを読む 来たる中学受験本番。入試直前は学校を休ませて自宅で勉強するべき?

いよいよ大詰めの中学受験。今入試直前、逆転で合格を引き寄せる3つの極意。

中学受験のプロが語る。いよいよ大詰め、迫ってきた中学受験の本番。今からでもできる、今しかできない、逆転の合格を引き寄せる極意とは。

塾長01

塾長です。ずいぶんと寒くなってきましたね。

そう、受験直前期です。もうすぐ推薦入試が始まります。そして年が明ければ本番の試験が始まります。

そんな入試直前、これをおさえておけば、合格をグッと引き寄せるという極意についてお教えしましょう。

続きを読む いよいよ大詰めの中学受験。今入試直前、逆転で合格を引き寄せる3つの極意。

塾の判定テストや統一模試ではそこそこの点数が取れるのに、志望校の過去問の点数が取れず、入試が不安な親御さんへ。

中学受験のプロが語る。本番の入試を意識する秋という季節。なぜ判定テストは得点できるのに過去問が解けない?という、非常によくあるケースの対策。

塾長07

塾長です。秋を迎え、お子様はもとよりお父様、お母様も次第に緊張感が増してきているのではないでしょうか。

今回もコメント欄よりご質問を頂きましたので、ご説明させて頂きます。

  • 塾の判定テストや統一模試ではそこそこの点数が取れるのに、志望校の過去問の点数が取れない。
  • 過去問の数は限られているので繰り返し解いて覚えてしまえばそれなりの点数になるが、それでいいのか。
  • 本番の試験がとても心配。志望校ランクを落とすべきか。

続きを読む 塾の判定テストや統一模試ではそこそこの点数が取れるのに、志望校の過去問の点数が取れず、入試が不安な親御さんへ。

受験まであと数か月。得意科目を伸ばすべきか、苦手科目に取り組むべきか?

中学受験のプロが語る。受験まであと数か月、その時の究極の選択。合格を手にするためには得意を伸ばすか、苦手を克服するか。

塾長07

塾長です。コメント欄よりご質問を頂きましたので、今回はこの質問に答えていきたいと思います。

保護者様や生徒本人からも、よくある質問です。

「得意科目を伸ばすべきか、苦手科目に取り組むべきか?」

これは一言では言えず、科目によるという回答になってしまいます。ですので、どの科目が苦手であるかというケースにわけて回答しましょう。 続きを読む 受験まであと数か月。得意科目を伸ばすべきか、苦手科目に取り組むべきか?